眠れぬ夜に、眠れぬ女のブログはいかが?批判歓迎!価値観の合う人大歓迎!
哲学、アート、ファッション、インテリア、小説、経済、心理学などジャンルは無数。

2009年12月10日

フードプロモーション

お久しぶりです、みなさん!
放置していて、ごめんなさい。

のんびりしつつも、毎日いろいろと忙しい日々を過ごしてる23です。
ドモドモ\( ̄▽ ̄*)(* ̄▽ ̄)/ドモドモ

先日、北海道に行ってきました。
実家が引越しだったから、その手伝いにね。

やっぱり、北海道は空気がキレイだった!
人が温かかった!食べ物も美味しかった!


まあ、このレポートはちょっと長いので、また後ほどUPすることとして
 ・
 ・
 ・
今日は、「やっぱりあたし、食べることが大好きだ〜」と実感した、そんなネタ。





今日のテーマ「フードプロモーション」

23の趣味といえば、美味しいものを食べること。
自分でも作るし、もちろん食べ歩きも大好き。
ってか、美味しいものを食べるために、働いて、ジムに通ってるのかも(笑)

そして、美味しいものを人に伝えるのが、とにかく大好きなの。

●だって、美味しいものって、笑顔になれるじゃない?
●だって、大好物を食べると、幸せな気分になれるじゃない?


だからやっぱり、食のPRに関する仕事が天職だと思ってます。

こんな私に、先日友人が素晴らしいお店を紹介してくれました。





【ITALIANO IWAI (イタリアーノ イワイ)】


場所は、渋谷駅から田園都市線で「あざみ野」駅へ行き、
横浜市地下鉄に乗り換えて2駅の「センター南」というニュータウン。

駅から5分くらい歩くと・・・見えてきました、お店の看板。
iwai00.JPG

・・へえ、けっこうわかりやすいし、駅から近いじゃん。
(大きな通り沿いにあり、向かいには「NOCE」と「消防署」があります。)


店内は、落ち着いた雰囲気で、オープンしたてとあってとてもキレイ。
カウンター席もあって、「おひとりさま」でもくつろげそう。
iwai01.jpg iwai02.jpg


こちらがシェフの岩井さん。表参道や西麻布の名店や、あのキャベツパスタで有名な「Da Noi(ダノイ)」、横浜の某ホテルなどで修行を積んできた、すごいシェフ! でも、とっても気さくで、笑顔が素敵な方です。
iwai03.jpg



ここからが、いよいよ料理について!
(メニューはシェフと相談しながら、23が決めさせてもらいました。3人前です)

@【突出し:玉葱のロースト】0円
何も注文していないのに、いきなり出てきた玉ねぎ。
iwai04.jpg

実はコレ・・・無料の「突出し」なのだそう!イタリアンでは珍しいよね。
iwai05.jpg

みずみずしくて、ちゃんと甘い。サルサベルデ(グリーンソース)も、爽やか!
北海道有数の玉ねぎ産地で育った23も、納得の一品でした。

・・・これは期待できる!



A【前菜:ホタテのスモーク】800円
ホタテのスモークっていうのが珍しくって、思わず注文。
iwai08.jpg

見た目はカマボコみたいなんだけど、
口に入れると・・・スモークの風味が「ほわっ」!
ひと口噛むと・・・ホタテの繊維がしっかり!
ふた口噛むと・・・だんだんホタテの旨みが出てきて、懐かしい気分に。


あ、オホーツクのホタテの燻製や〜!

でもオリーブオイルの風味とかスモークの香りは、イタリアンなのよね。うん、不思議!!



B【前菜:自家製ベーコン】?円
こちらはメニューに無いんだけど、「たまたま作ってみた」とシェフのご好意で持ってきてくださいました。なんかメニューにないメニューって、特別感っていうか、お得な感じがしていいよね。
iwai06.JPG iwai07.jpg

上質な脂がじゅわっ!スモークのいい香りがほわっ!

・・・おおっと、ヤバい。旨いよ、これ。

カルボナーラとかに使うのさえ勿体無い、「このままで食したいベーコン」でした。



C【スープ:野菜の贅沢スープ】?円
こちらもメニューに無い一品を、提供してくださいました。
iwai09.jpg

聞けば、このスープ、お水を一切使ってないんだって!
大きなドラム鍋2杯分の野菜から出る水分だけで煮込んだ、栄養満点スープなんです!

・・・だからかぁ〜、野菜だけなのにコクがあって、口当たりが優しい訳だ。ってか、スープまで、贅沢なんですね。




D【前菜:野菜の瞬間蒸し】1,300円
この「“瞬間”蒸し」という言葉に惹かれて、注文しちゃいました(笑)
iwai10.jpg

「蒸し野菜」とか「バーニャカウダ」は良くあるけど、「瞬間蒸し」は初めて。どんなもんだろう・・・とひと口かじると、謎が解けた!

茹で野菜より、しっかりした歯ごたえで、瑞々しいの!!
んでもって、ピクルスみたいに酸っぱくない。塩味。


「生野菜 < 瞬間蒸し < 茹で野菜」 って感じ!

見た目もカラフルでキレイだし、スーパーに売っていない野菜がポイント高いよね!(23の大好きなカブ、ヤーコンや黒大根という珍しいものも)

・・・ってか、3人でこのボリュームって、なんか嬉しいよね☆



E【パスタ:トリッパと豆の煮込みソース】1,500円
「トリッパというのは、「ハチノス(牛の第2の胃袋)」のこと。つまり牛の内臓ですな。
でも、昔はホルモンやモツですら食べられなかった内臓嫌いの23。
今は食べられるようになったけれど、牛特有の匂いは、実はあんまり得意じゃないの。
だけど、ものは試しだと・・・生まれて初めて食べた牛の内臓が入ったパスタ。これが23的に、めちゃめちゃ感動したの!

iwai11.jpg iwai12.jpg

全く、臭みの欠片も無い!噛めば噛むほど、味わい深い!
何じゃコレ〜!!!


ヤバイです。本当に。私が食わず嫌いなだけだったのか、このお店が美味しいのか。

でも間違いなく言えるのは、ここのパスタは「マネできない」ということです。たいていのパスタは自分で作れるけれど、これは自分じゃ絶対作れない!

・・・間違いなく、コレを食べるためだけに、来たくなるだろうな。

それは次のメニューにも言えること・・・。



F【パスタ:トリュフ風味の包みパスタ】1,300円
開店前に、シェフとスタッフの3人で、一生懸命包んでいるというこの手作りパスタ。出てくる前は、そんな大変なことしなくても・・・って思ってたんだけど、
 ・
 ・
 ・
そこまでこだわる理由がわかりました。

iwai13.jpg iwai14.jpg

噛んだ瞬間訪れる幸福=トリュフの芳醇な香り!

うぁああああああ、うまあああああああい!(*/∇\*)

中の具にもちゃんとトリュフが入っていて、なめらかなクリームソースと相性バツグン!食べれば食べるほど香りが立ち、プリプリ&モチモチの食感に手が止まらないの!!

・・・これも、絶対に自分では作れない、夢に出てきそうな一品だ。




G【パスタ:黒トリュフのスパゲティ】1,800円
「え?・・・大丈夫ですか?(ノ゜凵K)ノ」 と思わず23が心配になったのは、シェフがテーブルでかけてくれる「黒トリュフ」の量。

・・・だって、あまりにもすごい量なんだもんさぁ ┌┤´д`├┐

ほら、お皿の外まではみ出ちゃってるし。どっさりしすぎ!
iwai15.jpg iwai16.jpg

ま、某有名イタリアン店で食べると、3倍はするよね。
なのに、風味はちゃんと極上なの。もう、たまんない! 贅沢!

個人的には包み焼きの中からぼわっとも好きですが、
ダイレクトにトリュフを味わいたい方は、ぜひ一度食べてみてくださいな!

・・・思わず「もうそれくらいでいいですよ〜(゜д゜;)」と、シェフの手を止めること請け合い(笑)



H【メイン:牛肉&豚肉の炭火焼】2,000〜3,000円
さて、これは何でしょう?
iwai17.jpg
 ・
 ・
 ・
「どうも、肉」です(笑)

って、思わずホンジャマカの石ちゃんバリに興奮してしまうほど、すごいこのボリューム!! これが1.5人前ですか!? 多すぎじゃない!?
iwai18.jpg

いやいや、もうパスタを堪能して、お腹いっぱいなんですが・・・と心の中で呆れつつも、この炭火特有の焦げ目と、ジューシーな見た目に負けて、豚肉から食すことにした。

iwai19.jpg

おおっ!見た目はちょっと脂っこそうなのに、中はサッパリでジューシー! モチモチとした弾力と、臭みの無い、上質な味わいのお肉。

・・・これまで50軒以上のお店で、豚肉のローストを食べてきたけれど、3本の指に入る味だ。(残り2件のお店は、北海道だけどね)


続いて、牛肉をパクリ。
iwai20.jpg

えっ?臭みが全然無い!脂身(サシ)がいっぱいあるわけじゃないのに、やわらかい!

・・・なんで、なんで?(ノ゜凵K)ノ


あまりにも感動したので、シェフに取材してみた。
 ・銘柄肉ではないけれど、信頼ある目利きの方が選んだ肉だから、
  高品質なのに安価で提供できるのだそう。
 ・良質な穀物やサラダを飼料とした指定牧場の健康な豚だから、
  脂身が美味しいのだ。
 ・真空パックを使用していないから、余計な臭みがないのだ。

・・・そうか、ヒミツはシェフの目とこだわりにあったんだ。

「A3ランクの銘柄牛」よりも、流行の「イベリコ豚」よりも、探せば美味しいものがあるんだね!

シェフいわく、
「肉業者には『脂身が少なく、食べ飽きないお肉を』とオーダーしました。お客様には、とにかくボリュームいっぱいのお肉をご提供したかったんです」とのこと。

いい物に出会うためには、ただお金をかければいい・・・という訳じゃないよね。
こんな時代だから、味・値段・ボリュームに満足できるものをみんな求めているはず。
その消費者心理を、本当に理解してくださっているお店なの!超感動しちゃった。

・・・「お客様に心から満足して欲しい」というシェフの、サービス精神が詰まったひと皿でした。


ちなみに、付け合せの野菜も、新鮮でハンパないボリューム(笑)
iwai21.jpg

でも、食べた後・・・不思議に胃が全然もたれなかったんだよね!
あんなに食べたのに・・・びっくりでした。



I【デザート:ガトーショコラ&ほろにがカラメルの自家製プリン】
もうお腹いっぱいだったんです。本当にもう食べられないってくらい、大満足!
なのに・・・見ちゃったんですよ、このショコラの断面を!

iwai22.jpg

わお、チョコレートの層がグラデーション!

・・・いじわる。

ということで、頼んじゃいました、ガトーショコラ。
iwai23.jpg

サクッと、ふわっと、しっとり。おーまいがー!

iwai26.jpg


んでもって、「ぜひ食べて欲しい」とシェフが持ってきてくださったこのプリン。
これが、また素晴らしいの!
iwai24.jpg

程よい甘さでしっかり弾力のあるプリンに、ほろ苦いカラメルソースがいい感じ。この苦さがたまんないっ!

iwai25.jpg

んで、思わず、発狂(笑)


口直しのみかんシャーベットも、シャンパンなどのお酒を一切使用していないのに、風味が立ってました!
理由は、奥さんが一つひとつ皮をむいた「みかん」を100%使用してるから。

仕上げのエスプレッソも、ここだけの話、「採算度外視のいい豆」を使ってるのだそう。本当に、大丈夫?シェフ(笑)

・・・一つひとつ妥協しない、こだわりがありました。




J【おみや:手作りクッキー】
これこれ!こういうことなの、完璧っていうのは。
イタリアンで、クッキーのお土産なんて、ありえない!(笑)

iwai27.jpg

・・・わざわざ電車を乗り継いできた甲斐があったなあって、嬉しくなっちゃった。

しかも、シェフが下まで見送りに来てくださったの。
それも私たちが角を曲がるまで、ずっと!

・・・すごいホスピタリティだよね。ファンにならずにいられないね。




前菜で、素材の良さと、味・香りのセンスに、ドキドキしました。

パスタで、その技術の高さとこだわりに触れて、ファンになりました。

メインで、シェフのこだわりと極上のサービス精神に、やられてしまいました。

デザートとシェフのお話で、幸せな気分になりました。

そして、帰り道・・・また来たいと思いました。





【まとめ】

メニューの横に値段は書いているものの、価格ははっきり言って、あるようでないもの。
ってか、毎日変わる手書きのメニューすら、あるようでないもの。
なぜなら、その日仕入れた食材の良さを生かした美味しい料理を、
お客様に味わって欲しいというシェフのこだわりがあるから。

でも心配しないで!

これだけの満足度で、料理の平均予算は、一人4,000〜5,000円らしいの!!

ありえない良心的な値段!(都内のこのクラスなら倍はとるよね)
あの黒トリュフのパスタも、あれだけふんだんで1,800円だし。

また、予算をあらかじめ伝えると、それに合わせてボリュームも調整してくれるんです。たとえば、「予算は5,000円で、これとこれが食べたい」とわがままを言っても、できるだけシェフは組み立ててくれると思いますよ!(▼∀▼)ニヤリッ



そして、1人用のカウンター席(4席)があって、
おつまみセット+パスタ+グラスワイン(3,000円弱)だけの利用もOKとのこと。

つまり、ハレの日にも、日常でも使えるし、23のような「おひとりさま」がちょっと食べたい夜にも応えてくれる町のイタリアンなの。

 23「ホントに、トリッパのパスタとサラダだけでも・・・いいんですか(¬¬)??」
 シェフ「もちろん!」

・・・素敵なお店です。

場所は、渋谷から片道40分(470円)くらいなんだけど、
電車を乗り継いででも、行く価値アリですよ!!




ちゃんと、伝わったかな?(笑)

・・・やっぱりあたし、食べるのが好きだわ。。。



【ITALIANO IWAI (イタリアーノ イワイ)】
住所 横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-12
   ライオンズプラザ港北ニュータウン 2F
交通 横浜市営地下鉄「センター南駅」から徒歩4分
電話 045-941-5511
営業 11:30〜14:00(LO)/17:30〜21:30(LO)
定休 月
予約 ランチは要。休日前はできれば要。

●2009年内は、シチリア産グラスワインが半額の300円だそうです!
posted by 23 at 07:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 東京美食料理店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。